大勢は「一旦、落ち着きを取り戻す」も、意外なシナリオ…?

米雇用統計は事前予想の範囲内も、乱高下で“往って来い”
※ご注意:予想期間は1月8日と表示されていますが、本日(7日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。
※ご案内:今の抵抗・支持ラインを毎日17時から動画で解説!疑問点は、チャットでその場で回答 マーケット・チェック15分Webセミナー詳細は、下部の関連記事から。
 
 注目の米雇用統計は、非農業部門雇用者数(+15.5万人)・失業率(7.8%)共に事前予想の範囲内に留まりました。このため前日発表されたADP雇用統計(民間)を背景に88.40円付近まで上昇していたドル円は、一転して失望へと変わり87.60円レベルへと急落しました。

 しかしながらいわゆるアベノミクスを背景にした円売りニーズは根強く、その後に発表されたISM非製造業景況指数が10ヶ月ぶりの高水準となったことも手伝って、NYタイム中盤には米雇用統計後の下落分を全て吐き出す“往って来い”を見せています。

大勢は「一旦、落ち着きを取り戻す」だが・・・?
 こうした中で週明けとなる本日ですが、主要な経済指標等が見られないことから、「本日は一旦、落ち着きを取り戻す」との声も聞こえてきます。

 但し、今年12月末とされた米量的緩和の“早期縮小/停止”が取り沙汰されている中で、今月21-22日の日銀金融政策決定会合での“2%インフレ目標設定”が囁かれるなど、円売りの安心感は一段と増幅している感があります。このため先週に超えることのできなかった“88.50円ラインに展開するオプション絡みのロスカット”を狙う円売り圧力と、そして本日から本格的に回帰してくると見られる“国内輸出筋のドル売りニーズ”との攻防が、まずは東京タイムのポイントといえそうです。

 もっともそのドル売りニーズが減退すると見られる欧州タイム以降は、再び上方向への動きが活発化することが想定されるところです。それでもテクニカル的には“明らかに行き過ぎ”を示していることから、今度は“ポジション調整の売り圧力”を警戒しなければならないと見られるところです。

 「一旦、落ち着きを取り戻す」との見方が大勢を占めていますが、「上へ下へと揺れ動く乱高下」が、意外とメインシナリオなのかもしれませんね。

日足チャート抵抗・支持ライン
USD/JPY
上値5:90.000(大台)
上値4:89.400(10/6/29高値)
上値3:89.142(10/7/12高値、ピボット2ndレジスタンス)
上値2:88.613(ピボット1stレジスタンス)
上値1:88.403(1/4高値)
 前営業日終値:88.144
下値1:87.829(1/4の50%押し)
下値2:87.464(ピボット1stサポート)
下値3:87.254(1/4安値)
下値4:86.532(日足・一目均衡表転換線、1/2安値)
下値5:86.315(ピボットローブレイクアウト)

EUR/JPY
上値5:117.370(ピボットハイブレイクアウト)
上値4:116.387(ピボット2ndレジスタンス)
上値3:115.984(1/2高値、大台)
上値2:115.795(ピボット1stレジスタンス)
上値1:115.404(1/4高値)
前営業日終値:115.203
下値1:114.862(200週移動平均線)
下値2:114.617(1/4の50%押し)
下値3:114.220(ピボット1stサポート)
下値4:113.768(日足・一目均衡表転換線、1/4安値)
下値5:113.149(12/31安値)

EUR/USD
上値5:1.32987(1/2高値、大台)
上値4:1.31977 (ピボットハイブレイクアウト、大台)
上値3:1.31482(日足・一目均衡表転換線、20日移動平均線、ピボット2ndレジスタンス)
上値2:1.31063(ピボット1stレジスタンス、大台)
上値1:1.30923(日足・一目均衡表基準線、1/4高値)
 前営業日終値:1.30692
下値1:1.30149(ピボット1stサポート)
下値2:1.29976 (1/4安値、大台)
下値3:1.29846 (50日移動平均線)
下値4:1.28993(日足・一目均衡表先行スパン上限、大台)
下値5:1.28628(日足・一目均衡表先行スパン下限)

AUD/JPY
上値5:94.576 (08/8/29高値)
上値4:93.947 (ピボットハイブレイクアウト、大台))
上値3:93.220 (08/9/1高値、ピボット2ndレジスタンス)
上値2:92.787 (ピボット1stレジスタンス)
上値1:92.474 (1/4高値)
前営業日終値:92.364
下値1:91.627 (ピボット1stサポート)
下値2:91.109 (1/3安値)
下値3:90.891 (ピボット2ndサポート)
下値4:90.467 (ピボットローブレイクアウト)
下値5:90.281 (日足・一目均衡表転換線)

13:14 画像追加 日足チャート 抵抗・支持ライン