OTSが反発、大腸がん治療用ペプチドカクテルワクチンの第1相臨床試験開始を発表で

 オンコセラピー・サイエンス<4564.T>が反発。この日の朝方、大塚ホールディングス<4578.T>傘下の大塚製薬にライセンスアウトした大腸がん治療用ペプチドカクテルワクチンについて、大塚製薬が第1相臨床試験を開始したと発表したことを材料視。同ペプチドカクテルワクチンは、正常組織にはほとんど発現せずに、大腸がんに高頻度に高発現する複数個のオンコアンチゲン由来のエピトープペプチドを有効成分とした製剤。大腸がんに特異的な細胞傷害性T細胞を誘導することで、抗腫瘍効果を発揮することが期待されている。

OTSの株価は11時18分現在13万6000円(△5800円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)