高島屋が値を保つ、12月度店頭売上げ2.6%減も一時的との見方

 高島屋<8233.T>は戻り高値圏で値を保っている。4日に発表した12月度の店頭売上げはグループ18店舗で2.6%減になったが、特に売り急ぐ動きな見られない。特選衣料雑貨や宝飾品が前年同月を上回ったが、食料品や婦人服等などがマイナスになり、全体で前年同月に届かなかったという。主力の百貨店事業では大阪店のリニューアルや横浜店、日本橋店の一部改装効果で3~11月は前年同期比2.3%増を達成しており、12月の落ち込みは一時的と見られた。今13年2月期は営業19%増益を見込むなど収益改善が続いており、21日現在の信用倍率0.91倍の好需給も株価を支えている。

高島屋の株価は11時23分現在614円(△▼0円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)