アイロムHDがストップ高、売り一巡で短期資金再攻勢へ

 アイロムホールディングス<2372.T>がストップ高。昨年12月後半から調整色を強めていたが、売り物が一巡し久々の買い人気に沸いている。医療機関向けを主力に臨床試験支援を手掛けているが、昨年11月に同社がiPS細胞関連技術を基盤とした再生医療の研究開発を手掛けるディナベック(つくば市)と戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表したことを契機に株価は急騰モードに突入した。その後、12月下旬は利益確定売りに押される展開が続いたが、ここにきて主力株の底上げ一服から材料株全般に資金シフトが見られる中で、その流れに乗じて短期資金が再攻勢をかけている。業績面でも13年3月期の最終利益を従来予想の9億円から11億円に増額するなど好調で買い安心材料となっている。

アイロムHDの株価は13時38分現在6170円(△1000円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)