住石HD、三井松島など急伸、発電向け原油値上がりで石炭需要増の思惑

 住石ホールディングス<1514.T>、三井松島産業<1518.T>など石炭株が急伸している。特に新しい材料は観測されていないものの、きょう付の日本経済新聞で気温低下を背景にした発電向け原油の値上がりが報じられており、発電コストを抑えるために石炭の需要増加への思惑が働いているようだ。記事によると、主に発電に使うインドネシア産原油の「スマトラライト」が1バレル109・01ドルと前月に比べ0・75ドルの上昇と4カ月ぶりに上昇しているという。

住石HDの株価は13時44分現在100円(△15円)。
三井松島の株価は13時44分現在173円(△21円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)