PS三菱、日本橋梁など橋梁株が急騰、人気素地再燃へ

 PS三菱<1871.T>、日本橋梁<5912.T>など橋梁株が急騰。安倍首相の主張する景気対策では、日銀の金融緩和政策と並んで公共投資拡大による内需インフラ関連への投融資が主眼となっている。その中でも声高に掲げている「国土強靭化計画」は、その規模200兆円という巨額の国策だ。強靭化の対象として、真っ先に挙げられるのが老朽化したトンネルや橋梁であり、その恩恵を受ける関連最右翼株として両銘柄とも高い人気化素地を内包している。今年に入って信用取引の証拠金規制が緩和(反対売買をすれば同一の証拠金で何度でも取引可能になった)されていることも、仕手系材料株のシンボルストックに位置づけられる両銘柄に物色資金がなだれ込む背景となっているようだ。

PS三菱の株価は14時11分現在612円(△39円)。
日本橋梁の株価は14時11分現在438円(△37円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)