新日鉄住金、10~12月期に有価証券評価損の戻し入れが230億円発生

 新日鉄住金<5401.T>は7日、12年10~12月期に230億円の有価証券評価損の差し入れ益が発生する見通しであることを発表した。有価証券評価損は12年4~9月期に242億円計上しているが、4~12月期は12億円に縮小する見通しとなった。13年3月期通期の業績予想については現在集計中とし、必要に応じ報告するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)