三菱商事がフランスで太陽光発電事業に初参画

 三菱商事<8058.T>は7日にフランスで現地大手電力会社EDFグループと太陽光発電事業に初参画すると発表した。EDFエネルジ・ヌーベル社が保有する「ツール・ロジエ1太陽光発電所」の持ち分50%を取得、既に太陽光発電所を保有しているスペイン、ポルトガルと合わせて、日射量の豊富な南欧、その他地域で運営ノウハウを確立していく。EDFグループとは太陽光発電に限らず、再生エネルギー分野全般で連携、協業していく構え。同社は中期経営計画でインフラ・地球環境事業を戦略分野と位置づけ、2015年までに世界全体で発電持ち分容量を現在の450万キロワットから600万キロワットに引き上げる方針で、うち2割程度を再生可能エネルギーで賄う計画。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)