ディスコが続落、第3四半期個別売上高の減速を嫌気

 ディスコ<6146.T>が続落。7日の取引終了後、第3四半期の個別売上高速報を発表しており、個別売上高は156億2400万円と前年同期比では2.6%増となったが、前四半期比では33.7%減と減速感があることを嫌気。半導体メーカー各社が上期に行った大型の設備投資が一巡したほか、下期に入ると抑制される動きがみられたため、精密加工装置が前四半期から大きく減少した。ただし、スマートフォンなどの一部最終製品需要が堅調であったことから、消耗品である精密加工ツールの出荷数は高い水準を維持しているという。

ディスコの株価は9時14分現在4625円(▼70円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)