87.20-30円レベルの攻防に注目

87.20-30円レベルの攻防に注目
昨日のドル/円は朝方こそ高く始まったが、その勢いを維持できず87円台へと下落。

さらに本日の取引開始直後、ストップを巻き込んで87.34円まで急落している。

昨年11月中旬以降、ドル/円相場はほぼ一本調子で上昇してきただけに、一旦調整が入ってもおかしくない局面にある。

本日は87.20-30円レベルが下値支持として機能するかに注目したい。

このレベルには1/4安値(87.22円)のほかに1/3高値(87.35円)もあり、上値抵抗から下値支持へと変化している。

このレベルを下抜けるようだと、相場の調整色が濃くなる事が予想され、日足上の一目均衡表の転換線(86.59円)を視野に入れた下押しにつながる事も考えられる。