クボタが小幅続落、長寿命鋳鉄製水道管増産も利益確定売り続く

 クボタ<6326.T>が小幅続落。8日付日本経済新聞が「製品寿命が従来の2倍以上の約100年という鋳鉄製水道管の生産能力を2倍にする」と報じたが、前日まで連日で昨年来高値を更新していたことから、利益確定売りが続いている。長寿命鋳鉄製水道管は東日本大震災でも被害がなかった耐震性能の高さが評価され、引き合いが強まっており、今後本格化する更新需要を取り込むと伝えている。主力の中小型トラクターの輸出好調で、足もとの業績も上ブレが観測されており、下値を売り込む動きはない。

クボタの株価は11時10分現在1000円(▼21円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)