新興市場(前引け)=ジャスダック平均は反落、マザーズ指数は連日の昨年来高値

 8日の新興市場では日経ジャスダック平均が小幅ながら反落、東証マザーズ指数は4日続伸となり連日の昨年来高値を更新した。
 日経ジャスダック平均は前日比0円16銭安の1453円87銭。
 セキュアヴェイル、トレイダーズ、インスパイアーがストップ高となり、ダルトンとAT&Tが大幅高に昨年来高値更新、モジュレ、TLH、ADワークスやアールテック、ファーマライズ、フォンツなどが値を飛ばし、楽天、夢みつけ隊が買い進まれ3日続伸、フェローテックや倉元製作も賑わった。半面、ぱど、インヴァスト証券が急落、竹内製作、ジェイアイエヌ、アイル、ジャストシステムなども安い。
 東証マザーズ指数は前日比3.59ポイント高の437.08。
 ユーグレナがこの日も急騰となり、シュッピン、地盤ネット、コロプラの直近公開株が値を飛ばし、ディアライフが昨年来高値、メディネット、ナノキャリア、リアルコム、トレンダーズなども大幅高となり、スカイマークやライフネットも賑わった。半面、エリアリンク、クロスマーケティング、カイオムバイオが急落、DNA研、エムアップも値を崩し、タカラバイオ、アルデプロなども軟調。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)