味の素が反発、GSが「買い」、目標株価1400円でカバレッジ再開

 味の素<2802.T>が反発。この日はゴールドマン・サックス証券が7日付の消費財に関するリポートの中で、同社のカバレッジを「買い」、目標株価1400円で再開したことが観測されている。医薬事業を中心とした事業構造改革や、バルク事業のコスト構造改革などの実施によるマージンの改善や、収益性の高い海外食品事業の拡大などによる安定的な増益基調を予想。持続的な利益成長を背景に、増配や自社株買いなどの株主還元強化の継続性も高いと見込んでいる。

味の素の株価は12時47分現在1181円(△19円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)