近鉄エクスが連日の高値、航空運送状電子化理由に売り方が買い戻し

 近鉄エクスプレス<9375.T>が連日で昨年来高値を更新した。国際輸送体制の強化による業績拡大期待を手掛かりに買い優勢の展開が続いており、きょうは8日付日経産業新聞が「15年末をメドに航空運送状を電子化する」と報じたことが支援材料になっている。年間約50万件の運送状を扱っていることから、電子化による効率化効果は大きく、収益改善につながるとの見方が広がった。また、28日現在の信用倍率は0.11倍、日証金は7日申し込み現在で10銭の逆日歩がついており、買い戻しの理由になった面もあるようだが買い一巡後はマイナスに転じている。

近鉄エクスの株価は13時現在2930円(▼19円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)