日本金銭が3日続伸、カジノ関連として再度関心

 日本金銭機械<6418.T>が小幅ながら3日続伸。カジノの新規建設の動きが活発化するなかで、欧米を筆頭にゲーミング市場向けで絶大な地位を誇る同社が再度関心を集めている。韓国釜山広域市の「センタムシティ」の開発を含めて周辺国でもカジノを含む複合型リゾート施設の開発計画が活発化しており、紙幣を仕分けしながら偽札がないか調べる金銭処理装置の新製品である「iVIZION(アイビジョン)」などの受注拡大が期待される。

日本金銭機械の株価は14時21分現在732円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)