酒井重の上昇継続、公共投資拡大で道路インフラ需要に期待

 酒井重工業<6358.T>が商いを伴い上値指向にある。国内シェア7割を誇るロードローラー最大手で、政府の公共投資拡大期待を背景に道路インフラ整備需要の拡大が業績に寄与するとの見方。仕手性も強く、ここにきて個人投資家の短期資金を巻き込んで材料株人気が盛り上がる中、昨年の1月から4月にかけての急騰相場の記憶がよみがえる。13年3月期業績見通しについても、国内復興需要や東南アジアやアフリカといった新興国のインフラ需要も取り込むことに成功しており、増額含みとみられる。

酒井重の株価は14時31分現在323円(△5円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)