マクドナルドの12月月次売上高は既存店が8.6%減

 日本マクドナルドホールディングス<2702.OS>は8日取引終了後に12月の月次売上高を発表した。ディスカウントプロモーションを抑制した影響で、既存店売上高は前年同月比8.6%減と4月以降9カ月連続で前年同月を下回った。全店ベースでは大型ドライブスルーを中心とした新店効果が引き続き貢献しており、対前年同月比7.0%減になった。店舗ポートフォリオの最適化やマーケティング強化などを軸にした成長戦略は順調に進んでおり、全店客数は対前年比0.6%増加。また、12月16日には2012年年間で1日あたり最高売上高を更新した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)