新規材料待ちで

新規材料待ちで
今夜は米国の経済イベントについて、為替相場で大きく材料視されそうなものはほぼ無い。

基本的に主要国株価を受けたクロス円の動きが主導で、ドル/円はそれに連れた動きになりそうだ。

本日東京市場中の麻生財務相の発言を受けた動きのように、日米の金融政策についての要人発言や観測報道などがあれば、その都度動きが出てくるだろう。

日本の一段の金融緩和について、強気な見方を強めるような材料、また米経済の先行きについて強気な見方、さらに年内の引き締め開始を連想させるような材料があれば、ドル/円が切り返すきっかけになりそうだ。

ただ、そうした材料がない場合、引き続き年末年始の上昇に対する利食い売りがジリジリと出てきて、ドル/円は下値を切り下げる可能性もある。

経済ニュースと市場のムードに気を配りながら取引をする必要があるだろう。