都競馬は5連騰で新値追い、含み資産人気の一角で短期資金の流入続く

東京都競馬<9672.T>が5連騰。株価は一時、前日比23円高の249円まで急伸し、7日につけた234円の昨年来高値を更新している。日銀の金融緩和観測が強まる中で、余剰資金の流入に伴う不動産市況の上昇思惑から、土地持ち企業である含み資産関連の中低株が人気になっている。同社は大井競馬場や東京サマーランド、賃貸倉庫など保有不動産が多く、かつての含み資産株相場でも活躍した実績があるだけに、短期資金の流入が継続しているようだ。

 都競馬の株価は10時51分現在243円(△17円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)