<動意株・9日>(前引け)=東宝不、都競馬、石川製

東宝不動産<8833.T>=ストップ高カイ気配。8日の取引終了後、親会社の東宝<9602.T>が同社に対して、完全子会社化を目指して1株735円でTOBを実施すると発表しており、TOB価格にサヤ寄せする格好。東宝は同社の発行済み株式数の59.51%を所有。

東京都競馬<9672.T>=5連騰で、昨年来高値更新。日銀の金融緩和観測が強まる中で、余剰資金の流入に伴う不動産市況の上昇思惑から、土地持ち企業である含み資産関連の中低株が人気。同社は大井競馬場や東京サマーランド、賃貸倉庫など保有不動産が多く、かつての含み資産株相場でも活躍した実績があり、短期資金の流入が継続しているようだ。

石川製作所<6208.T>=大幅高。尖閣諸島周辺での相次ぐ中国の領海侵犯を受けて、政府が警告射撃など自衛隊の対抗措置を強化する検討に入ったことを産経新聞が報じるなど、相次ぐ安倍政権の積極的な方針を受けて防衛関連として同社の人気が高まっているようだ。
 
※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)