アイティフォーが昨年来高値、就園管理システム販売強化と東南アジア各国で延滞債権管理システム投入を好感

 アイティフォー<4743.T>が続騰、前日比10円高の360円で寄り付き昨年来高値を更新した後、18円高の368円まで買い進まれた。前日に就園管理業務を厳正化する「CARS就園管理システム」の販売を強化すると発表したことと、9日付日刊工業新聞が「東南アジア地域で延滞債権管理システムを投入する」と報じたことが好感された。就園管理システムは全国の教育委員会を対象に今年は50団体からの受注を目指す一方、延滞債権管理システムはイオンクレジットサービスと協業、今年度中にもタイを手始めに2~3カ国で販売を開始すると伝えており、早期業績貢献が期待されている。

アイティフォーの株価は13時56分現在360円(△10円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)