スガイ化が一気に100円台奪回、円安で農薬中間物の輸出採算改善期待

 スガイ化学<4120.OS>が続急伸、100円台を一気に回復した。大阪市場で2ケタ台の低位株が賑わうなかで農薬や医薬など各種中間物主体のファイン・ケミカル専業メーカーである同社も見直す動きとなっている。今3月期の営業損益は前期の3億6100万円の赤字から1億2000万円の黒字転換を計画しているが、昨年からの円安基調で農薬中間物の輸出採算が改善、利益上乗せ期待もある。

スガイ化学の株価は13時40分現在104円(△14円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)