電力株が総じて安い、原子力規制委の新安全基準は厳しい内容と

 中部電力<9502.T>、関西電力<9503.T>をはじめ電力株が総じて安い。9日付日本経済新聞電子版が「原子力規制委員会が7月に決める新しい安全基準は厳しい内容になり、電力会社の経営を圧迫するのは確実」と報じたことで、費用負担増加を警戒した売りが先行した。冷却施設の増設などにかかる対策費は原発1基あたり最大で数百億円にのぼる可能性もあると伝えている。ただ、後場に入って日経平均がプラス転換したことで、売り一巡後は下げ幅を縮めている。

中部電力の株価は14時33分現在1170円(△▼0円)。
関西電力の株価は14時33分現在897円(▼15円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)