ネクストが新高値、中小型の不動産関連として引き続き注目される

 ネクスト<2120.T>が続伸し新高値。朝方は8日付でいちよし経済研究所が投資判断を「A」から「B」に引き下げたことなどから売られていたが、日経平均株価が上昇に転じるとともにプラスに転換した。引き続き中小型の不動産関連株として注目。また、投資判断を引き下げたいちよし経研でも足もとの売り上げは堅調に推移しており、来期以降消費税導入前の駆け込み需要や中古物件のリノベーションの拡大が見込めるとして13年3月期の営業利益予想を14億5000万円から15億円に、14年3月期を同18億円から21億円にそれぞれ引き上げ、目標株価を1000円としている。

ネクストの株価は15時現在998円(△44円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)