日立など共同研究グループが被災者支援業務をを行う情報セキュリティ技術を開発

 日立製作所<6501.T>は9日、災害発生時に自治体の被災者支援業務をを行う情報セキュリティ技術を開発したと発表した。早稲田大学、東海大学、NEC、KDDI研究所と共同開発したクラウドサービスで、総務省の委託研究事業として開発を進めてきた。迅速かつ安全に被災者支援業務を進めることを可能にしており、共同研究グループは今月から東日本大震災被災地域を対象に自治体関係者の協力を得て、住民等参加型の実証実験を開始する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)