井筒屋が13年2月期業績予想を上方修正、気温低下で衣料品が好調

 井筒屋<8260.T>がこの日の取引終了後、第3四半期累計(3~11月)決算とともに、13年2月期通期の業績予想の修正を発表。従来予想の売上高855億円、経常利益19億円から売上高870億円(前期比1.4%減)、経常利益23億円(同19.6%減)に上方修正した。先行き不透明な商環境から減収幅を厳しく見込んでいたが、第3四半期までの業績が予想を上回ったことから予想を引き上げたとしている。
 また、同時に発表された第3四半期累計連結決算は、売上高629億7400万円(前年同期比0.5%減)、経常利益14億5200万円(同10.1%減)となった。本格的な回復には至らなかったが、11月には気温が低めに推移したことで衣料品が好調となり、売上高の下げ止まり傾向がみられたことなどが奏功した。

井筒屋の株価(大引け)は62円(△2円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)