9日のNY株式市場の概況 

 9日のNY株式市場は、NYダウが前日比61ドル66セント高の1万3390ドル51セントと3日ぶりに反発。ナスダック総合指数は同14.00ポイント高の3105.81で取引を終えた。米主要企業の先陣を切って非鉄大手のアルコアが四半期決算を発表したが、第4四半期は前年同期の赤字から黒字転換を果たしたほか、13年の需要予測も堅調な伸びを示したことから、米企業業績や世界景気に対する警戒感が和らぎ、化学や機械など景気敏感株に買いが入った。来週から四半期決算の発表が本格化することからこれを見極めたいとして伸び悩む場面もあったが、総じて堅調で引けた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)