住友商事が堅調、インドネシアで日用品のeコマース事業を開始

 住友商事<8053.T>が堅調。同社は、9日付で子会社であるPT Sumisho E-Commerce Indonesia (本社・インドネシアジャカルタ市)を通じて12月にインドネシア市場向け日用品eコマースサイト「Sukamart」(スカマート)をオープンしたことを発表した。サービス開始当初は、食品、飲料、パーソナルケア、ヘルスケア、ベビー、ホーム&キッチンの6つのカテゴリ―でインドネシア製及び日本を含めた外国製商品約1000点を提供し、順次商品カテゴリーおよび商品点数を拡大、ジャカルタ近郊に自社倉庫を構え、インドネシア全土からの注文に対応できる体制を整備しており、まずは売上高10億円を目指す。

 住友商事の株価は9時18分現在1133円(△2円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)