日通は小動き、10~12月期営業益4割減と報じられる

 日本通運<9062.T>は小動き。10日付の日本経済新聞で、10~12月期の連結営業利益が70億円強と、前年同期に比べ約4割減ったもようだと報じられたものの、いまのところ反応は限定的。記事によると、利益率の高い航空貨物の落ち込みが主因としており、タイ洪水を受けた前年同期の緊急輸送特需の反動が出たほか、尖閣問題による日系の自動車メーカーの減産で、日本から中国への自動車部品の航空輸送なども減ったとしている。同社は10月末に下方修正を発表しており、10~12月期の悪化についてもある程度は織り込まれているとみられている。

日通の株価は10時14分現在362円(▼1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)