大東銀行が小幅高、復興関連として下値切り上げる

 大東銀行<8563.T>が小幅高。12年11月から5日線を支持線に下値を切り上げる展開。福島県全域で展開、復興関連の一角として外せない存在となっている。13年3月期は9月中間期までの良好な進捗状況となっており、期末は0.5円増配の1.5円配当の見通し。上昇してきたとはいえ時価はPER7倍台、PBR0.4倍台となっており過熱感は全くない。数量がこなせる株価特性もあり、ウネリが増幅する際には迫力のある相場展開が期待できそうだ。

 大東銀行の株価は10時18分現在92円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)