丸紅が続伸、炭酸リチウム長期買い取りで電池事業を本格的に拡大へ

 丸紅<8002.T>が続伸。10日付日本経済新聞が「カナダの資源会社とリチウムイオン電池材料の炭酸リチウムの長期買い取り契約を結んだ」と報じたことで、電池材料事業の本格的な拡大が期待された。リチウムは産出地が南米と豪州に偏在していることから、中国勢などとの資源争奪戦が激しい。安定した調達先を確保することで、リチウムイオン電池メーカーを側面から支援。今年から調達を始め、2015年には日本の現在の総輸入量の約3割にあたる5000トンを調達すると伝えており、早期の業績貢献が観測された。

丸紅の株価は10時11分現在637円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)