<話題の焦点>=最近のソーシャルゲーム動向、人気アニメのキャラが人気

 一時期はコンプガチャ問題で揺れたものの、家庭用ソフトの販売が伸び悩むなかでスマートフォン向けのソーシャルゲームが相変わらず人気だ。カードゲームが定番ながら人気だが、近年では人気アニメのキャラクターを主役にしたゲームの利用者も増加している。

 ディーエヌエーのモバゲーでは「怪盗ロワイヤル」、グリーの「釣り☆スタ!」や「探検ドリランド」が代表的タイトルとして根強い人気だがテレビゲームソフト大手ではバンダイナイムコのモバゲー向け「ガンダムロワイヤル」が400万人を突破、カプコンの子会社「ビーライン」の「スヌーピーストリート」も累計500万ダウンロードを獲得している。

 昨年12月に入ってはクルーズの「HUNTER×HUNTER バトルコレクション」が23日の配信開始後に2日で登録会員数が10万人を突破、コロプラも「ディズニー マジシャン・クロニクル)」のiOS版の提供を25日より開始、好スタートを切っており、最近ではキャラモノがヒットの鍵となっている。

◆主な人気タイトル一覧
ディーエヌエー <2432.T> 「怪盗ロワイヤル」
グリー<3632.T>      「釣り☆スタ!」、「探検ドリランド」
バンダイナイムコ<7832.T> 「ガンダムロワイヤル」
カプコン<9697.T>     「スヌーピーストリート」
クルーズ<2138.OS>    「HUNTER×HUNTER バトルコレクション」
コロプラ<3668.T>     「ディズニー マジシャン・クロニクル)」

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)