ユーグレナがストップ高、商い伴い上げ足一段と加速

 ユーグレナ<2931.T>が5連騰、一時株価はストップ高で一気に1万3000円台まで駆け上がってきた。投機色を強める中で売買代金も急増傾向にあり、短期資金の買いが勢いを増している。同社はミドリムシを活用した健康食品の製造販売やバイオ燃料の研究開発を手掛けており、昨年12月20日に東証マザーズに上場したばかりだが、上場初日からその成長性に期待した買いが集中した。9日、NECと産業技術総合研究所と宮崎大学が、ミドリムシを主な原料とするバイオプラスチックを開発したことを発表、巷間「ミドリムシ」が持つ可能性への認識が高まる中で、同社の株価にも大きな支援材料となっている。

ユーグレナの株価は13時00分現在1万2750円(△2600円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)