住友電工が4ケタ回復、データ伝送高速化する光ケーブルをオンラインストアで発売

 住友電気工業<5802.T>が切り返し4ケタを回復した。前日に細径サンダーボルトケーブルのサンプル出荷を開始したと発表し、10日付の日刊工業新聞が「米インテルが開発したサンダーボルト技術に対応した光ケーブルを米アマゾン・ドット・コムのオンラインストアで販売を始めた」と報じたことが材料視された。サンダーボルトはパソコンや周辺機器、ディスプレー間のデータ伝送を高速化できる次世代技術で、今回発売した光ケーブルは毎秒10ギガビットの伝送ができると伝えている。オンラインストアから発売したことで、一般消費者向け販売事業の動向に関心が集まった。

 住友電工の株価は14時10分現在1020円(△23円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)