ファーストリテが13年8月期業績予想を上方修正、第1四半期好調を受けて

 ファーストリテイリング<9983.T>がこの日の取引終了後、13年8月期通期業績予想を従来の1兆560億円、営業利益1435億円、純利益845億円から、売上高1兆690億円(前期比15.1%増)、営業利益1475億円(同16.6%増)、純利益870億円(同21.4%増)にそれぞれ上方修正した。気温の低下に伴い10月下旬以降、国内ユニクロ事業の売上高が回復に向かっているほか、足もとで海外ユニクロ事業が好調に推移しており、これを考慮して通期予想を上方修正した。
 同時に発表した第1四半期(9~11月)連結決算は、売上高3181億4200万円(前年同期比16.7%増)、営業利益566億900万円(同16.9%増)、純利益384億7300万円(同23.5%増)と2ケタ増益を達成した。国内ユニクロ事業は既存店売上高が前年同期比5.0%増と好調。海外ユニクロ事業も中国、韓国、台湾などのアジア地区での積極的な出店が奏功し業績が計画を上回った。また、グローバルブランド事業もジーユー事業を中心に伸長した。

ファーストリテの株価(大引け)は2万2560円(▼260円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)