コマツが3日続伸、中国景気の回復や円安進行で買い優勢

コマツ<6301.T>が3日続伸。12月の中国の輸出が大幅に伸長するなど、収益に影響の大きい中国の景気回復への期待が高まっていることや、きょうは為替市場で1ドル89円台前半、1ユーロ118円台前半まで円安が進行し、収益改善に期待した買いが先行している。また、11日付の日本経済新聞が「コマツは2015年度まで油圧ショベル、ブルドーザーなど建機の主要製品数を約2割削減する」と報じられ、国内主力工場で合理化のための大型投資を実施し、収益力を高めると伝えられたことも、手掛かりになっている。

コマツの株価は9時5分現在2334円(△40円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)