横浜ゴムが3日続伸、12年10~12月期営業益2割増報道が手掛かり

横浜ゴム<5101.T>が3日続伸。11日付の日本経済新聞が「横浜ゴムの2012年10~12月期連結営業利益が、前年同期比2割増の220億円を確保したもよう」と報じたことが買い手がかりになっている。景気減速や対中関係の悪化で中国や欧州のタイヤ販売は低迷したものの、厳冬で国内の利益率の高い冬用タイヤの売れ行き好調や円安が利益を押し上げたと記事は伝えている。12年12月期通期の営業利益は従来予想(490億円)並みの水準を確保し、決算期変更で単純比較はできないが、前年同期比約2倍弱で過去最高益を上回ると記事は伝えており、きょうの為替市場での円安進行も加わり、買いが先行している。

浜ゴムの株価は9時30分現在630円(△8円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)