日経平均株価は1万800円台回復、約1年10カ月ぶり

 11日の東京株式市場で、日経平均株価は一時、前日比170円超の上昇をみせ、1万800円台を回復している。取引時間中としては、2011年2月21日以来、約1年10カ月ぶりのこと。11日早朝の外国為替市場で、一時1ドル=89円台へと円安が進行し、自動車、電機、精密機器など輸出関連の主力銘柄を中心にほぼ全面高商状となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)