エストラストが反発、13年2月期業績見通しを上方修正で

 エストラスト<3280.T>が反発。10日の取引終了後、13年2月期通期の業績見通しを従来予想の売上高81億5000万円、経常利益6億2800万円から、売上高86億円(前期比23.8%増)、経常利益7億7000万円(同47.6%増)に上方修正したことを好感。分譲マンションの販売が好調に推移した一方、販売経費を圧縮できたことが要因。また、当初無配を予定していた期末配当に関して、東証マザーズ上場を記念して10円(普通配当5円、記念配当5円)を実施すると発表した。
 なお、同時に発表された第3四半期(3~11月)決算は売上高64億3100万円、経常利益5億6900万円となった。前期は四半期連結財務諸表を作成していないため、前年同期比較の記載はない。

エストラストの株価は9時55分現在2131円(△10円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)