パナソニックが続伸、BtoBによる経営再建に期待

 パナソニック<6752.T>が続伸。円安進行で輸出セクターが軒並み高になるなか、11日付日本経済新聞が「北米の企業向け(BtoB)事業は2ケタ成長する」報じ、同日付日刊工業新聞も「北米事業は企業間分野に経営資源を割き、ハードに加えサービスやコンテンツ事業の拡大で収益を高める」と報じたことが支援材料になった。いずれも北米総代表のジョゼフ・テーラー北米総代表が10日(現地時間9日)に開いた記者懇談会で語ったもので、自動車や航空機、太陽電池関連などが伸びると伝えている。コンシューマーからBtoBに軸足を移した事業構造改革による経営再建が期待されている。

パナソニックの株価は10時37分現在547円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)