NECは堅調、ゴールドマン証が投資判断を「買い」に引き上げ

 NEC<6701.T>は堅調。一時、前日比7円高の202円まで買われている。ゴールドマン・サックス証券が11日付のリポートで、投資判断を従来の「中立」から「買い」へ、目標株価を155円から235円へとそれぞれ引き上げたことが好感されている。
 リポートでは「同社株は、12年10月から上昇に転じているが、まだバリュエーションは引き続き割安(PBR0.9倍は過去5年間の平均値1.3倍より低い)。潜在的FCF(フリーキャッシュフロー)創出力を発揮できる条件も整ってきている。ルネサスへの追加支援リスクも後退。円安の恩恵は事業構造上相対的には小さいが、国内ITでは大手顧客のシステム更新、通信機器需要もワイヤレス関連の増勢が続くと見込まれるなど、需要環境は堅調」としている。

NECの株価は10時37分現在198円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)