NPCが続落、第1四半期赤字継続を嫌気

 エヌ・ピー・シー<6255.T>が続落。10日引け後に発表の第1四半期(9~11月)連結決算で、売上高4億5200万円(前年同期比79.3%減)、経常損益3億3100万円の赤字(前年同期3億6800万円の赤字)と連続赤字に終わったことを嫌気。太陽電池メーカーの設備投資意欲に顕著な改善が見られなかったことから受注が低水準で推移したほか、売り上げを予定していた案件の一部に客先都合による期ずれが発生したことや大型案件の輸送中に事故が発生し売り上げ計上がずれ込んだことなどが響いたとしている。株価は、自民党による太陽光や風力発電の設備投資を対象とした減税措置延長方針が伝わったことで上昇していただけに、改めて足もとの業績悪化がネガティブ視されているようだ。

NPCの株価は10時49分現在278円(▼9円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)