住友ゴムが昨年来高値更新、業績好調で割安感からの見直し買い

 住友ゴム工業<5110.T>が続伸。株価は前日比50円高の1154円まで買われ、4月20日につけた1150円の昨年来高値を更新。きょうは日本経済新聞報道で同業の横浜ゴムの業績好調が伝えられたが、収益好調の要因となった厳冬による冬用タイヤの好調や円安寄与は同社も同様の効果があると期待されている。12年12月期の連結経常利益は前の期比22%増の610億円と好調見通しにあるが、上ブレの可能性があり、PER9倍台の割安感から見直し買いが流入している。

住友ゴムの株価は13時17分現在1153円(△49円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)