三井不動産が小幅続伸、日本橋再生計画で関心

 三井不動産<8801.T>が小幅ながら続伸。この日、アステラス製薬<4503.T>と共同で開発を進めていた東京都中央区の「日本橋アステラス三井ビルディング」が竣工したことが関心を集めている。国内の賃貸オフィスビルで認証実績の無い「LEED―CSゴールドランク」を取得予定で最新の省エネ技術や耐震技術を導入しており、「江戸桜通り」と「昭和通り」の結節点に位置し、日本橋再生計画の象徴的存在でもあることから、今後は周辺での再開発進展も期待される。

 三井不動産の株価は14時51分現在2071円(△4円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)