古川スカイが続伸、生産体制再編で収益改善

 古河スカイ<5741.T>が続伸。11日付日経産業新聞が「日光工場(栃木県日光市)で手がけてきたアルミ板製造の上流工程の他工場への移管を半年近く前倒しで完了した」と報じたことが好感された。住友軽金属工業との合併を控えて生産性の向上を急ぐのが狙いで、年間20億円程度の収益改善が見込めると伝えている。28日現在の信用倍率は0.86倍と好需給も株価を支えており、12月以降着実に下値を切り上げる堅調展開が続いている。

古河スカイの株価は15時現在263円(△4円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)