緊急経済対策でどう変わる市場=「脱デフレ」政策を評価 岩井コスモ証券投資調査部 清水三津雄副部長

 緊急経済対策の内容は評価していいのではないか。脱デフレに向けた安倍氏の政策を外国人投資家は評価し積極的な買いを入れている。ポイントは安倍政権「金融政策」と「財政政策」を大胆かつ大規模に行う姿勢を鮮明にしていることだ。デフレ脱却には強い危機感を持って対応する必要がある。しかし、これまでの政府の政策は、どっちつかずで中途半端となり脱デフレには物足りなかった。安倍氏が「金融・財政・成長」を3本柱として明確に打ち出そうとしていることは評価できる。
 株価には目先過熱感もあるが、外国人の買い余力はまだ大きいとみられるだけに、日経平均の1万1000円乗せは遠からず達成できるのではないか。公共投資関連株などの上昇が見込めるほか、全般底上げ相場が期待できると思う。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)