15日の株式相場見通し=円安傾向を受け続伸歩調

 15日の東京株式市場は、外国為替市場での対ドル、対ユーロでの引き続く円安傾向や、米国株式相場の堅調を反映して、続伸歩調となりそうだ。
 14日の米国株式市場は、NYダウが前週末比18ドル高の1万3507ドルと4日続伸。ただ、ナスダック総合指数は同8ポイント安の3117ポイントと4日ぶりに反落した。
 外国為替市場での円相場をにらみながらの神経質な展開となるものの、引き続き「アベノミクス」を評価した買い意欲は根強いものと見込まれ、日経平均株価はジリ高歩調となり、1万1000円台トライの場面もありそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)