ケイブが大幅反落、第2四半期累計決算が従来計画を下回る

 ケイブ<3760.OS>が大幅反落。前週末11日の取引終了後、第2四半期累計(6~11月)連結決算を発表しており、売上高11億8000万円(前年同期比9.5%増)、経常損益1億3300万円の赤字(前年同期2900万円の赤字)となり、従来予想のそれぞれ13億300万円、2900万円の赤字を下回ったことを嫌気。競争激化から既存ゲームの新規加入ユーザーが減少したことに加えて、コンシューマー事業の縮小や新規タイトルの開発遅延などで売上高が減少したほか、本店移転に伴う費用の発生や、ソーシャルゲームの割合が高まっていることに伴う回収費の増加などが要因としている。
 また同社では、これまで未定としていた13年5月期通期の業績予想について、売上高25億円(前期比7.2%減)、経常損益1億7000万円の赤字(前期1億4600万円の赤字)を見込むと発表。既存ソーシャルゲームの「くにつく」をモバゲーなどに展開する予定で、収益は回復基調を見込む。

ケイブの株価は9時35分現在6万3800円(▼5000円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)