日立がしっかり、インド事業の順調な進展を好感

 日立製作所<6501.T>がしっかり。同社は11日に「インド・グジャラート州ダヘジで海水淡水化プロジェクトの給水契約を結んだ」と発表、インド事業の順調な進展が好感されている。プロジェクトは日本政府とインド政府が共同で進るデリー・ムンバイ間約1500キロメートルの間に大規模工業団地を整備する「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」の一つで、シンガポールの水処理大手ハイフラックスと共同で、今後30年間工業用水を安定的に供給する。12日付日本経済新聞は「建設費用など総事業費は500億円規模で、2015年の運転開始を目指す」と報じた。同社は2015年度にインドの連結売上高を前年度比約3倍の3000億円を目指す方針を打ち出している。

日立の株価は10時22分現在542円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)