アコーディアが小安い、PGMによるTOB期間が17日で終了、緊張感高まる日柄に

 アコーディア・ゴルフ<2131.T>が小安い。PGMホールディングス<2466.T>による株式公開買い付け(TOB)期間が17日で終了する。両社はゴルフ場運営大手で、PGM社がアコーディアに敵対的買収を仕掛ける格好となっている。TOBの成否は不透明だが、アコーディア側では今年に入り会社説明会、3月期末予定配当金を5500円(従来1600円)に引き上げるなど、既存株主に対する「アピール」を展開している。一方で、7日付の大量保有報告所では、旧村上ファンドのグループ出身者が多く在籍する投資会社「レノ」が他2社と共同で13.75%保有する大株主となったことが明らかとなっている。TOB価格は8万1000円。TOB期間最終の17日を前に、緊張感の高まる日柄に突入した。

アコーディア・ゴルフの株価は10時53分現在8万200円(▼100円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)